小学生が通うべきプログラミングスクールは?メリットやおすすめのスクールなどをご紹介

現代は、小学生からプログラミングスクールへ通う子供たちが増えています。
子供のうちからプログラミングを学ぶと技術が身につくだけでなく内面的にも大きく成長できるきっかけとなります。
プログラマーやシステムエンジニアやゲームクリエイターなどの職業を目指したいのであれば、子供の内からしっかりとプログラミングの基礎を身につけておいたほうがよいでしょう。
本記事では、子供向けにレッスンを行っている教室をいくつか紹介しています。

小学生が通うべきプログラミングスクールは?メリットやおすすめのスクールなどをご紹介

小学生からプログラミングスクールへ通うメリットは、論理的思考が身につくことです。
問題解決能力も身につくので、子供の自主性を育むのにもよい環境といえます。
子供向けのおすすめプログラミングスクールとしては、LITALICOワンダーやテックキッズスクールやテックキッズオンラインコーチングなどがあります。
小学生でも無理なく学べるカリキュラムが用意されていますので安心です。
まずは、体験レッスンに参加してみてはいかがでしょうか?

小学生がプログラミングスクールで獲得できるスキル

小学生がプログラミングスクールに通うとどのようなスキルが獲得できるか、それは興味を持っている人にとって誰もが気になるところではないでしょうか。
プログラミングスクールではプログラミング言語の特徴だったり、コーディングの基本や初歩的なプログラミング、応用といったものが学べます。
つまり、基礎と応用が身につくのがプログラミングスクールで、将来的にエンジニアを目指すのに必要なスキルが獲得できることが分かります。
更にいえば論理的に考える思考力、数字に対する抵抗感の払拭、頭の中でイメージしてアウトプットする頭の使い方といったものも身につきます。
プログラミングスクールはメンターとやり取りしながらカリキュラムを進めるのが基本なので、自然とコミュニケーション能力も高まります。
何を知りたいのか自分の中で考えて言葉にしたり、それを伝えようとする能力も磨かれますから、プログラミングだけでなくそれ以外についても成長できるのではないでしょうか。

レベル別に選びたい小学生向けプログラミングスクールの難易度

小学生向けのプログラミングスクールでは、授業のレベルによって難易度が異なります。
プログラミングの経験がまったくない場合には、基礎から教えてくれるプログラミングスクールを選ぶと良いでしょう。
ある程度まで自分で作ったことがある、さわりだけでもプログラミング言語のある子供には新しい知識を教えてくれるプログラミングスクールがおすすめです。
また、プログラミングスクールの中には大人でも難しいほどの知識を教えることができる教室も存在します。
プログラミング自体が初めての子供には難しくても、ある程度経験を積んだ子供の興味をよりいっそう深める内容になっています。
一般的にプログラミングは難易度が高くなるほどできることが増えて、目的に合った制作物を完成させることができるでしょう。
スキルや知識に合わせて段階的にレベルを上げていき、基礎から応用まで学んでいく方法であれば、苦手を作らずに楽しく学ぶことができるはずです。

小学生でもプログラミングスクールの内容にはついていける?

プログラミングというと、英語単語がずらっとならんだ呪文のようなものをひたすら書き続けることを想像する人も多いかもしれません。
しかし、小学生のようなプログラミング初心者は通常、プログラミングスクールに入っていきなり英語で命令をタイピングすることはないです。
授業内容の一例として、まずはプログラミングとは何なのかを理解するために開発されたScratchとよばれる学習用のゲームをすることが多いです。
これに限らずたいていの入門教室は、ブロックをつなげていくだけでプログラミングができる工夫がされています。
各命令のブロックを簡単につけたり外したりできるので、間違えても簡単に修正ができます。
各ブロックには色や形ごとに「何ができるブロックなのか」が分かりやすく書かれているため、英語や漢字を読めなかったり、タイピングがまだ苦手でも純粋にプログラミングの世界に浸かることができます。
もちろん、Pythonなどの本格的な言語を教えているプログラミングスクールもありますが、どんなお子様でも学習できる環境が整っているため、難易度の心配をする必要はないでしょう。

プログラミングスクールに小学生が通うことで養われる能力

プログラミングスクールで学んでいけば、論理的思考力を鍛えることができると考えられています。
元々、プログラムは方向性を決めて組み立てていくことになりますので、数学的な考え方と非常に似ています。
公式や理論がまずあって、そこに当てはめていく形でプログラムを作っていくことになりますので、論理的思考力を磨くことにつながります。
実際に、プログラムの中には数学的な力が必要なもの少なくありません。
例えば、機械学習などに関してはその典型で数学的な知識がないと考えていくことができないものです。
現代で利用されているプログラムの多くは、公式のようなものがいくつも存在し、それを頭の中で組み立てて最終的な構図を想像することでプログラムを作成していきます。
複数で制作することも多く、自分が担当している能力がどういった影響を与えるのかを考えなくてはいけません。
そういった、論理的思考力を身に付けることができますので早い段階からプログラミングスクールに通わせることをとても理にかなっています。

プログラミングスクールに関する情報サイト
小学生からプログラミングスクールに通うメリット

現代は、小学生からプログラミングスクールへ通う子供たちが増えています。子供のうちからプログラミングを学ぶと技術が身につくだけでなく内面的にも大きく成長できるきっかけとなります。プログラマーやシステムエンジニアやゲームクリエイターなどの職業を目指したいのであれば、子供の内からしっかりとプログラミングの基礎を身につけておいたほうがよいでしょう。本記事では、子供向けにレッスンを行っている教室をいくつか紹介しています。

Search